しわとりテープの魔法

しわとりテープって、すごいです。

顔のシワをとる(隠す)ので雰囲気がガラリと変わるんです。

テレビで美容マニアの芸能人が魔法の効果を紹介して、私も驚きました。貼っているだけとは思えないほど効果絶大ですが、だからといって使いすぎると薄くなっている表皮に負担をかけ、使用後の赤みやかゆみを伴う湿疹(正確には、発疹が起こると表現します)が出ることは、かなりあるようです。アイテープのスゴイ版と思えば、なんとなく納得です。しわとりテープのようなアイテムは、自分なりのコントロールが必要でしょう。こんがりと小麦色に焼けた肌は健康的な色気を持つものではありますけど、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困ると悩む人も多いです。

今よりシミが増えたら困るのなら、極力日焼けをしないようにするしかありません。シミ対策で最も需要なのは、日焼け止めをきちんと塗ること、あと、自宅に着いたらローションなどで炎症を軽減させる事が重要です。

緑茶は、お茶の中でもトップクラスのカテキン豊富な食材です。カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの作用を補完する役割をしています。美白を目さすのなら有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂っていくことで、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを予防してくれるのです。顔にできるシワやくすみの要因の中で乾燥は、かなり手強い存在です。

肌の水分バランスが崩れてくると、しわができてきたり、出来たシワが定着しやすくなります。

まぶたから目尻、目の下にかけては皮脂の分泌が少ないため乾燥の影響が表れやすく、どこよりも先に年齢を感じやすいのです。年齢と共にヒアルロン酸やコラーゲンも減少するのでたるみによって顔の表情がかわってくるのもこの頃です。

シワやシミも生じやすいです。肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。

私たちがよく口にするcoffee、紅茶、緑茶などに含有されるカフェインは、お肌にシミを創る原因になると言われているのです。肌のいろいろなところにシミを広げてしまったり、長年にわたってカフェインを摂取していると色素沈着しやすい体質になりやすいのです。

それに、緑茶に含まれる成分であるタンニン(植物成分で水溶液には鞣皮性があるといわれており、皮なめし剤などに使われています)も肌のシミにとって良くない働きをする成分ですし、シミが気になるという人はくれぐれも飲み過ぎに注意して下さい。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。お風呂やシャワーの後ですとかきっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、いわば、幾らでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。短いですがとても貴重なこの時間に肌に何もしないのは大変惜しいことですし、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、たっぷりの化粧水で肌のケアを行って下さい。肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、知ってはいながら、つい手加減なしにごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、爪をたてずに指の腹で、優しくオフすればOKです。兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、それができたら完璧なのですが、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。

梅雨と言えばやはり、カビが心配な季節ですが、人の肌には常在菌というものがいます。

高温多湿な環境ではこの菌も増殖する傾向にあります。中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症する「でん風」と呼ばれている皮膚の病気は、体の部位を選ばず発症します。

でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、色素が抜けたように白くなるでん風もあるのです。これってシミではないかも?と思ったら、皮膚科を受診された方がいいでしょう。

肌のシミへの対応には、体内の状態を考慮することも大切でしょう。

美白効果に大きな働きをみせるというビタミンCはレモンやパセリ、ブロッコリーなどにいっぱい入っています。

また、肌の水分が不足してくるとシミの心配が大きくなるので、肌に潤いを与えるためにコラーゲンがいっぱい入っている、牛スジや豚骨、うなぎ、鶏皮などを食生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)に取り入れて下さい。

ただ、シミ対策に焦点をあてすぎた食生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)をするのではなく、バラエティに富み、多種各種の栄養の摂りかたも心がけましょう。特に40代以降のお顔のしわを目立たないようにする方法に関して、困っているという声が多数あるようです。乾燥した肌をその通りにしておくと、、新しくしわができたり、元々あったしわがさらに深くなるようです。

洗顔した後、化粧水をコットンに含ませて、パッティングする方法が良いとされていますが、回数を重ねすぎると、肌のためにはベストな方法ではないという話も聞きます。含ませる化粧水は適量にして、や指しくパッティングするのが良いようです。

エテルノ 濃縮プラセンタ ドリンク